キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント/キャリアカウンセラー

資格を活かせる場所と仕事
キャリアコンサルタント/キャリアカウンセラー資格者の活躍の場や仕事内容について、代表例をご紹介いたします。

企業
人事
人材計画、採用、人材配置、人材開発、人材管理など
教育・研修
人材開発、教育・研修の実施など
企業内カウンセラー
人材計画、採用、人材配置、人材開発、人材管理など
大学
就職関連
就職セミナーの企画・実施、セミナー講師、キャリア関連授業の担当、キャリアカウンセリング、就職活動のアドバイスなど
履修相談
将来に向けての履修相談・アドバイスなど
企業
人事
人材計画、採用、人材配置、人材開発、人材管理など
教育・研修
人材開発、教育・研修の実施など
企業内カウンセラー
人材計画、採用、人材配置、人材開発、人材管理など
大学
就職関連
就職セミナーの企画・実施、セミナー講師、キャリア関連授業の担当、キャリアカウンセリング、就職活動のアドバイスなど
履修相談
将来に向けての履修相談・アドバイスなど
 
 

キャリアコンサルタント・インタビュー

「小集団で対面の勉強会」をやろう、松下村塾のように

桐村晋次(元法政大学キャリアデザイン学部教授)
 

image.jpg

時代が大きく変わろうとしている中で、学び方も変わろうとしています。私たちはどのように学んでいけばいいのでしょうか?日本が発展してきた様子を見ながら自らを育ててきた桐村晋次さんと「これまで」をふり返りながら、大切な考え方をお聞きしました。

学び合う、受け身にならずに

―キャリアコンサルタント(CC)の講座で、桐村さんの講義を聞きました。

 

「むかしの職場は、今ほど教育は整っていないが、みなアンテナがとても高く、学びに貪欲だった。」CC講座で、一番心に残りました。

今の教育は、子どものころから「教わったことを覚えて、試験を受ける」というやり方ですからね。自分なりの問題意識が育ちにくいのです。大卒も勉強しなくなりました。つい最近、30代の若手を連れて、ロサンゼルス、メキシコを回りましたが、ベトナム戦争を知らない者がたくさんいました。試験に出なければ興味がないのでしょう。

―単刀直入にお聞きします。私たちは、これからどのように学んでいけばいいのでしょうか?

「小集団で対面の勉強会」をやるといいと思います。私もそれで育ちました。初期のソニーやホンダもそう、みんなそうです。

―桐村さんは下関のご出身ですね。幕末で言えば長州藩、吉田松陰の松下村塾があったところです。松下村塾は、まさに「小集団で対面の勉強会」ですね。

当時の長州は、人材がいっぱい出てきました。松陰以外は突出して優れたリーダーはいないのですが、松陰亡き後は久坂玄瑞や高杉晋作、その後は伊藤博文や山縣有朋などが育ちました。

 

吉田松陰は、自分がいなくても塾生が自力で育っていくシステムをつくりあげました。武士だけでなく、商人や農民も受け入れて、「教える」でなく、子弟がともに学び合う「子弟同行」を基本姿勢としていたのです。

―当時、藩のエリート武士は「明倫館」へ行っていました。一方の松下村塾は、小さな「私塾」です。当時の見方としては、明倫館は「すごいね!」、松下村塾は「何それ?」って感じじゃないかと。

まあ、そうですね。

―長州で明治維新の立役者は、圧倒的に松下村塾の出身者が多くて、150年経った今、松下村塾は世界遺産になっています。明倫館は、誰も知らない。。。

いや、地元の者は、みんな知ってますよ(笑)。

―失礼しました(笑)!明倫館は「教える」、松下村塾は「学び合う」ですね。今のような変化の時代に、「小集団で対面の勉強会」がいかに大切か、歴史が物語ってくれているのではないでしょうか。

image (2).jpg

自発的に学び、キャリアの土台を築く

―いつまで下関にいらっしゃったのですか?

下関で生まれて、高校までです。戦争中に空襲があり、生家が焼けて、長府(下関の郊外)に引っ越しました。田舎ですから、小中学校が1校だけ、9年間みんなとずっと一緒でした。その中で、高校へ行った女性は3~4割、男性は5割くらい、大学にすんなり行けたのは、女性では1学年で1~2人くらいでした。

でも、地元の友人たちと一流大の連中とどちらが優秀かは、わからないと思います。丁稚奉公して住み込みで働いた人たちは、今でも生き生きと働いていて、町の役に立っています。東大の友人で官僚として昇進し、定年後も民間や国の機関に天下っている人と、地元に残った人たちの両方の姿を見ていると、人生とは何だろう、どっちが社会人として有益な人生を送ったのか、と思いますね。人に決められた道を要領よく進んで、上の者の覚えがよくて上がっていくのと、何でも自分でやらなければならないのとでは、人間の品格に大きな違いができてくるのでしょうね。

 ―東京に出て来られて、古河電工に入社されました。当時、どのような会社でしたか?

若手を育てるシステムのある会社ですね。定時後、若い世代が「すみません」でなく「行ってきます」と言って(笑)、夜間高校や夜間大学へ行っていました。社内に大卒扱いに切り替わる試験もあり、みんなよく勉強し向学心がありました。

当時は、会社ぐるみで人を育てていて、その議論の「場」が、職場の小集団活動です。QCサークルや改善提案活動の原点、日本のお家芸ですよ。

私たちの時代は、100人弱の大卒の新入社員の全員が工場に実習で配属される、「教育配属」という制度でした。2年目の3月に、今後どのような仕事に就きたいかの面接がありました。今でいう「キャリア面接」です。1人30分ずつ研究したことを発表して、それを各部署から聞きに来てくれる。だから、本人の希望を聞いて配属先が決まっていました。ある意味、キャリアプランを自分で立てて人事部門と相談していた感じです。よくできたシステムでした。

工場実習は、私のキャリアの土台です。魅力的な人にたくさん出会えました。義務教育は小学校までの時代に育った人が多く、自己啓発で成長してきた人たちです。人間としての生き方について、強く影響を受けました。先輩たちの仕事を見て、メモを取って、自分自身でマニュアルを作成し、問題意識を持って、自分たちで勉強して臨んでいました。ここで鍛えられたことが、本当に代えがたい経験です。

―管理職になられてからは、若手の育成にも精力的に関わり、多くの著書も残されていますね。

そのころは、上司が部下一人ひとりの育て方をよく考えていました。上司の役割は仕事の成果と部下の育成です。この部下をどう育てようか、ということです。私も、例えば執筆の依頼が来たときには、部下たちに手伝ってもらいました。時間を与えてまとめて来るように言えば、ちゃんと書けますよ。ちょっとだけ背伸びした仕事を与えると、どんどん伸びます。今は、チャンスをあまり出していないようにも思えます。

image (1).jpg